二重整形の手術!

憧れの二重まぶたになる方法

アジア系である日本人は顔がもともと薄いため、欧米人の顔に憧れがちです。中でも一重まぶたの女性にとっては、ぱっちり二重まぶたには誰もが一度はなりたいと思ったことがあります。まぶたの形は遺伝や脂肪の量、厚さによって変わるので一生を通して同じままの人もいれば、だんだん年齢を重ねるにつれコンディションも変わり、自然とまぶたが変化してくる人もいます。それでも一重のままの人は努力で二重になることもあります。その方法は切開する、まぶたを貼り付ける、しわを癖つける、化粧で影を作るに分類されます。切開は整形手術しないとできないため、リスクと投資金額が高いです。安価に始めたいなら、まぶた用の糊で作ることができます。やり方は二通りあり、のりが乾かないうちにまぶたを折り込んで貼り付けてしまう方法です。もう一つは何回か糊を重ねて乾かし、ちょうど一重の線のを糊で折れないように固定し、二重の線で跡がつくように新しい線を作る方法です。また最近では道具を使わず、アイシャドウの陰影だけでまぶたが折れ込んでいるように見せるテクニックもあります。費用や難易度を考慮して自分に合った方法を見つけると憧れのぱっちりまぶたが手に入ります。

二重になるためにバレにくい技

一重まぶたの人がぱっちり二重を目指す人が増えてきたことに伴い、それを手助けするグッズも今人気となっています。しかしもともと一重だったまぶたを無理やり二重にしようとすると、その技術によっては周りの人に偽物だということがバレやすくなってしまいます。そこでいかにバレずにぱっちりまぶたにするかが重要となってきます。まぶたの癖付け用の糊を使う際にまぶたを引っ付けてしまうと、下を向いた時にまぶたが不自然に上へ引っ張られているので違和感があります。そこで専用糊を使う際はまぶたの上だけはみ出さないように全体的に塗り、貼り付けずに乾かします。その後専用糊を塗った部分だけにアイシャドウを乗せると、少しツヤのあるアイシャドウを塗っているように見えます。この時糊からはみ出してしまうと境目が不自然なので注意が必要です。また、専用糊に頼らず、化粧だけで二重になっているように見せる方法もあります。濃いアイラインとアイシャドウを影のように塗ることによってまぶたに線が入っているように見えます。この時にバレないようにするポイントはぼかしです。あまりにもくっきり引くと目が二つあるように見えるので、自然に見えるように指や綿棒でぼかすことが重要です。


PAGETOPへ▲